母子家庭を応援する様々な制度があります



児童扶養手当
母子家庭や父子家庭の児童の安定した生活と自立のための福祉制度です。 素材
子ども手当、児童手当
以前からあるのが児童手当で現在は、子ども手当になっていて1万3000円支給されています。 素材
医療費補助、福祉医療費
乳幼児や幼児のための国が負担してくれる福祉制度です。 素材
助成金
母子家庭を、応援する様々な国や地方自治体の制度があります。 素材
生活保護
生活保護を受給している人数は年々増加しています。 素材
自立支援教育訓練給付金事業
仕事に就くための資格や講座を受ける事を応援する制度です。 素材
高等技能訓練促進費等事業
資格を取るための大学や専門学校に通うためのお金を支援する制度です。 素材

母子家庭は年々増加していて120万世帯にも増加

シングルマザーだけでなくシングルファーザーも増えている

残念ことに日本では離婚率が良くも悪くも年々増加し、初婚の年齢もどんどん上がっている中、それに比例して母子家庭の世帯数も増加している。 しかも若い年齢のシングルマザーが多く、家事と育児の両方に追われて安定した生活を送れていない家族を支援する国の制度がある。 親が片方しかいない分せめていい暮らしをと一生懸命働いた結果、子どもとのコミュニケーションや会話、ふれあいが不足になってしまう家庭もある。 また親が頑張りすぎて無理をし過ぎて過労になってしまったり、多額な借金を抱えてしまう場合や子育てノイローゼになってしまう例も増えている。 特に若いうちに離婚した夫婦は相手からの慰謝料を貰っている事も少なくより厳しい贅沢とは程遠い生活を結果としてタイムリーに送っている家庭が多いと言える。 そういった複雑な難しいシチュエーションの母子家庭を支える国の支援金の制度や援助を積極的に遠慮することなく全てを利用していくことで、少しでも家計の手助けになればいいのだがあまり知られていない制度も実は知られていないが非常に結果的には多い。

子どもがいると再婚しにくい?

子どもの環境や養育費のために再婚

バツ1子持ちというと再婚が難しいというイメージがある。 具体的に何がどのように難しいかというと、やはり新しい親と子どもを育てていくことである。 悪く言えば、自分の子どもではない子を養育するということは色々な問題と隣り合わせであることが多い。 実際には、兄弟が産まれた時に贔屓をしてしまうようになってしまったり、DV問題も頻繁に起こる事件として挙がっている。 それでも、再婚をしたいと希望する親が多いのはやはり母子家庭や、父子家庭で子どもを育てていくことはどう考えてもとても難しく、金銭面での負担も非常に大きいからである。
CRくらげっち

母子家庭の就労問題

育児の時間を考えると正社員は難しい

子どもと接する時間や家事、万が一の病気や怪我などの事を考えると就労時間は限られる事が多く、正社員として働くことが非常に難しく、パートや派遣社員などの時給制で働く親が多い。 それだけでは安定した収入が得られず、生活費だけでなく養育費の確保をしていくためには、できれば子どもを実家や託児所、幼稚園や保育園に預けて正社員として働けるなら働きたいという親が多い。 しかし、就職氷河期は未だ解決しているとは言い難い状態である日本では資格や学歴なしで正規社員として働くことはご存じの通りですが難しい。 特に恐ろし勢いで増加している一般的にはワーキングプアと呼ばれる若い世代の年収200万以下の低所得は1000万人以上と予想され、母子家庭の割合も非常に高い。 要点的には厚生労働省は就労支援制度として自立支援教育訓練給付金制度や母子家庭高等技能訓練給付金、常時雇用転換奨励金などを用意しているが、地方自治体などによってこのような母子家庭を支援する制度はバラバラでなかには実施されていない制度もある。

母子家庭で生活保護を受けている家庭は7万世帯以上

生活保護以下の生活をしている家庭も多い

これは生活保護を受給することに対しての意識が世界の中でも日本での場合、独特であることが容易に予想として挙げられる。 どうしても生活保護受給者に対しての周りの視線は特別なものになってしまっている事がある。 所謂かけもちや長時間の勤務をしても、収入が安定していないことが多くぎりぎりの生活をしている母子家庭が多く、生活保護受給家庭より生活水準が低いことも多いと言われている。 実際、児童手当や助成金、母子家庭の支援金や補助などはあまり制度自体を知られていないことが多く、利用できるすべての制度を活用できている家庭は少ない。

このページの先頭へ